一流モデルが陰で実践する、男を上げるための4箇条とは?

Share

どんなに容姿や体躯に恵まれていようとも、磨かなければただの原石。「ローマは一日にして成らず」という諺があるように、努力を惜しんで男を上げることは叶わない。それが例え、誰もが羨むような男前でもだ。そこで今回は、ファッション業界の第一線で活躍する一流モデルから編集部が入手した、男を上げるための4箇条をここだけで限定公開!

スポンサーリンク

ファッション誌や有名ブランドから引っ張りだこな一流モデルのピエール氏に、男を上げるための4箇条を問う!

今回話を伺ったのは、様々なファッションメディアをはじめ、有名ブランドのショーにもたびたび登場するなど、ファッション業界の第一線で活躍する一流モデルのバレダ・ピエール氏(公式Instagramはこちら)。言わずもがな男なら誰もが羨むような男前だが、やはり彼も日々努力を惜しまずにその端麗な容姿をキープしているようだ。Medinatheatreにもたびたび登場するピエール氏が、日頃いったいどんなライフスタイルで男を磨いているのか、その真相に迫る。

ジェントルマン プロジェクトのジャケット2万9800円、パンツ1万5000円、Tシャツ6980円

第1条「肌の手入れはアレコレと手を出すべからず!一流モデルが毎日欠かさないスキンケア方法とは?」

今や男性も“やって当たり前”の時代となったスキンケア。肌を整えることは、もはやエチケットであるとも言えるだろう。ピエール氏も例に漏れず、毎日のスキンケアは欠かさないとのこと。そこで、まずはスキンケアに関するこだわりをピエール氏に語っていただいた。

ピエール氏
モデルという仕事は肌の調子がクリエイティブの出来に直結して影響するので、スキンケアは毎日のルーティーンとして欠かしません。もちろん、自分を磨く意味でも。具体的には夜寝る前の入浴後にオイルと乳液を使っています。これをやるのとやらないのとでは翌日の肌の調子がまるで違いますね。たった2つの基本的なケアですが、アレやコレやと色々手を出さずに、このベースをしっかりと作ることが大事。今は女性だけでなく男性も肌を手入れするのが当たり前の時代、見た目を分かりやすく改善するのであればスキンケアは絶対にやるべきです!

重要なのはアイテム選び。オーガニックにこだわって新しいものを積極的に取り入れるのがピエール流!

スキンケアは男を上げるのに欠かせないピースであると語るピエール氏。アイテム選びにもこだわりがあるのだそう。

ピエール氏
スキンケアアイテムは常に新しいものをリサーチして、気になったものは積極的にトライしてみるようにしています。情報源はSNSや家族・友人の口コミ。特定のブランドやメンズ商品であることには固執せず、ユニセックスや女性向けの商品も含めて幅広くチェックして、自分が気に入ったものを選んでいます。そして、一番こだわっているポイントは原料がオーガニックであること。肌をケアするのが目的なのに、添加物が入っていると逆にダメージを与えてしまうこともあるので、オイルや乳液に限らず、シャンプーやボディソープも無添加のオーガニック製品を選ぶのがマストです。

ピエール氏
ちなみに、今は僕の母国であるフランスのブランド「L’OFFICINE UNIVERSELLE BULY」のオイルと、妻の友人が手がけている日本のブランド「GLAMORIUM」の乳液を愛用しています。

第2条「ファッションは自己流でトコトンこだわる!ピエール氏は2つの要素を重視?」

ピエール氏は私服がオシャレ、というのは業界で有名な話。もちろん服が好きだというのが大前提ではあるものの、TPOに合わせた着こなしで身なりに気を遣うというのも男を上げるために必要なことだという。そんなファッションにまつわるピエール氏のこだわりとは?

ピエール氏
服は大好きで、ファッションには強くこだわっています。流行りのブランドやアイテムには左右されずに、自分のムードとシーンに合わせて選ぶのが流儀。なかでもストリートウェアやヴィンテージウェア、ブランドで言うとラコステのヴィンテージアイテムが大好きなのですが、カジュアルな服装だけでなく日によってはスーツも着ますし、TPOを汲み取ってコーディネートを決めるのが大事だと思っています。例えば、奥さんとのデートの時にはストリートウェアは封印してキレイめな格好をしていきます(笑)。繰り返しになりますが、とにかく自分のムードとTPOに合わせたスタイリングで、というのがファッションに対するこだわりです。

ピエール氏
また、先ほどトレンドは気にしないと話しましたが、スニーカーに関しては別です。スニーカーはこまめに新作や話題のコラボモデルをチェックしていて、特にナイキは公式のSNKRSというアプリで常に発売情報を追っています。レアスニーカーもなるべく抽選に応募していますね。最近だと、ナイキとオフホワイトがコラボしたエアジョーダン4をSNKRSでゲットしました。お気に入りのスニーカーは基本的に家でコレクションしています。

お気に入りのアイテムは、ロレックス愛好家からも一目置かれるヴィンテージのGMTマスター!

ファッションに対して強いこだわりを持つピエール氏。お気に入りのアイテムはやはりヴィンテージのものだ。

ピエール氏
一番気に入っているのはヴィンテージのロレックス GMTマスター マークⅢです。これは1977年に販売されていたRef.1675という型番のモデルで、GMT針全体がアフターカスタムで赤く塗られているのが気に入ってるポイント。3年前に購入したのですが、手に入れてから今までずっと愛用しています。ロレックスは非常に高い資産価値があり年々相場が上がっていますが、このGMTマスターは投資目当てではなく本当に欲しくて買ったものなので、手放すつもりはありません。

第3条「食生活のコントロールも男磨きの一つ。食事に気を遣えるのは良い男の証?」

第1条・第2条で取り上げたスキンケアや服の着こなしだけでなく、食事のコントロールで均整のとれた身体をつくるのも、男を上げるための大切な要素の一つだ。ピエール氏はそんな日々の食生活にも非常に気を遣っているという。

ピエール氏
スキンケアやファッションは、もちろん見た目を良く見せる上で最も大事なことであると思います。ただ僕はそれだけでなく、身体の内面にも日々気を遣っています。それは食事を上手にコントロールすること。具体的にはファスティング(断食)を毎日行なっています。夜20時に夕食を食べ、次に食事をとるのは翌日の昼14時。朝食を抜くことで、夕食後から昼食までの間を18時間空ける、1日2食のファスティング生活をルーティーンとして毎日続けています。もちろん仕事の都合で時間がずれることはありますが、基本的には昼の12時〜13時頃に日課であるトレーニングをした後に遅めのランチをとっています。これによって身体を絞るダイエット効果だけでなく、免疫力の向上などが見込めて健康的な生活を送れるんです。

メインは鶏肉やブリ、サーモンなどの魚。でも本当は◯◯◯を毎日食べたい…!

食事に対して並々ならぬこだわりを持つピエール氏。ただ、365日ずっとヘルシーな食生活を続けているわけではなく、ときには好きなものを存分に食べることもあるそう。そして、できることなら“アレ”を毎日でも食べたいのだとか…。

ピエール氏
普段の食事はササミなど鶏肉や、ブリ・サーモンなどの魚がメイン。特に最近はブリにハマっています。ただ、必ずしもそればかりを食べているというわけではなく、もちろん時と場合によっては大好きなしゃぶしゃぶやすき焼きを食べます。あとは甘いものが大好物で、特にアイスクリーム、ハーゲンダッツは外せない。これは僕の弱点と言っても良いかもしれないですね(笑)。日本はフレーバーがたくさんあって、フランスのものよりも美味しいんです。お気に入りの味は抹茶やきなこ黒みつなどの和スイーツ系。もし許されるなら毎日でも食べたい!

第4条「男の後ろ姿は脚とヒップラインでキマる!普段から脚・おしりまわりを鍛えることで服が“映える”カラダを作る」

センスの良い服を選ぶこと、食事で身体を絞ることも重要だが、服をカッコよく見せるためには体型の維持が必須。筋トレで身体を鍛えるのはもちろんのこと、ピエール氏は他のモデルとは一風変わったエクササイズも取り入れてカラダ作りをしているそうだ。

ピエール氏
男性モデルにはタイプが2つあります。僕のように男性的でガッチリしたタイプと、細身のフェミニンなタイプ。後者は身体を大きくすることがNGなので鍛えることはほとんどないのですが、前者のタイプは毎日欠かさずにエクササイズ・トレーニングをして身体を作る必要があります。そこで僕が取り入れているのがムエタイ。どんなに忙しくても週に4回はムエタイのジムに通うようにしていて、時間があれば週5、6回は通っています。ムエタイを始めたきっかけは、仕事でタイに行った時のこと。泊まったホテルの隣にムエタイのキャンプがあり、そこでトライしてみたら一気にハマってしまいました。もともと格闘技が好きで若い頃はテコンドーをやっていたりもしていたのですが、今はムエタイが一番楽しい。ジムに行けないこともあるので、もちろん家でプッシュアップやスクワットなどの自重トレーニングも欠かさずやるようにしています。

ただ単純に身体を鍛えれば良いというわけではなく、服が映えるポイントを重点的に鍛えることも重要。ピエール氏はムエタイで“あの部位”を鍛えているとのこと。

ピエール氏
服をカッコよく見せるのにキーとなる部位を鍛えるのも大事ですね。例えば腕や脚は最も重要なポイント。ムエタイをやっていると腕と脚はよく鍛えられます。あとはムエタイをやることで、ヒップラインも自然と引き締まります。僕自身、ヒップラインを意識して鍛えるということはあまりなく、どちらかと言えば女性モデルが特に気にする部分ですが、パンツのシルエットをよく見せる意味では男性にとっても脚と同じぐらい重要だと思います。他にも、季節によって鍛える部位をアレンジすることも。例えば、春夏はトップスを脱ぐケースもあるので、腹筋が割れるようウエストを重点的に鍛えたりしています。

鍛えて終わりじゃない、エクササイズ後の筋肉ケアも重要!腰やヒップまわりの筋肉をほぐすなら、パナソニックの「コードレス骨盤おしりリフレ」が手軽で良い

ムエタイで酷使した筋肉はそのままにせず、アフターケアもしっかりと行うというピエール氏。自宅で使える便利なケアアイテムとは?

ピエール氏
ムエタイは立ちっぱなしで足腰を酷使する競技なので、エクササイズ後は腰やヒップまわりの筋肉に疲れがたまります。このへんの筋肉はセルフケアするのがなかなか難しく、以前は定期的に整骨院へ行ってマッサージしてもらっていました。ただ、整骨院へは月に一回程度でしか行っていないので、週に4〜6回ムエタイのジムに通う僕としては少し足りない。その点、このパナソニックのコードレス骨盤おしりリフレは、自宅で手軽にトレーニング後の疲れをとれるから便利。疲れをためてマッサージ店へ行くのではなく、気になった時にすぐケアできる。ヒップラインのむくみも解消できてすっきりした気がするから、パンツのシルエットもキレイに見えそうですよね。

ピエール氏
出かける前にサッと使えば、身体が軽くなるだけじゃなくて服もスタイリッシュに見えると思います。日々のエクササイズ→アフターケアのルーティーンに組み込めるだけじゃなく、仕事前に身体を引き締めるのにも良い。血行の促進にも期待できるみたいだから、寝る前に使えば翌朝の目覚めもすっきりしますね!

Follow us !

会員登録して
Medinatheatreメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Medinatheatre 公式 Instagram スナップ